手作り石鹸

漢方薬局で処方された煎じ薬を試してみた結果は?その1

漢方薬局で念願の煎じ薬を試してからお話です!

前回までの漢方薬局についてのお話などがまだな方は→こちら からご覧ください。

そして今回も私が飲んでみて感じたことですのでご了承の上お読みくださいね♪

念願の漢方煎じ薬を試す

さて念願の漢方煎じ薬を2件目の漢方薬局にて処方をして頂き飲んでいた時のお話です。

ただし毎日煎じ薬を試すにはハードルが2つほどありました。

  1. 毎日煎じ続ける時間があるか(いや自信があるか・・・)
  2. 1か月全部煎じ薬にしたらお幾らになるのか(笑)

そしてやはり漢方薬は煎じ薬が一番効果があるとの御説明も本当に丁寧にして頂き尚更煎じ薬を試したくなりました。

そこで上記1,2の点も踏まえて処方が可能かを相談しました。

 

まぁ、体質的にはかなり以前にも書いたように

気も血も足りてないし循環してない。なのでまずは気を補うことから始めるというお話で進んでいきました。

婦人科系疾患もあるけどそもそもの気が足りていないのでこの部分だけにいいとされる漢方では意味がないとの見解でした。

 

 

私自身が最大限に入れられる煎じ薬の回数は1か月に10日程度でした。

フルタイム勤務ではないけど連勤の時はおそらく煎じるまで無理かなと思ったことをお話したら

やはり社会人の方は平日は粉薬を飲んで土日の休みの日だけを煎じ薬にしている方も多いとの事でした。

 

 

粉薬だけよりもやはり煎じ薬を入れた方が効果を感じやすいとのことでしたので

1か月の内10日分だけを煎じ薬残りを粉薬で処方していただきました。

 

漢方薬には煎じ薬・粉末・錠剤がある

ちなみに健康体で薬に縁のない方もいらっしゃるかと思いますので

簡単に説明すると漢方薬には大きく分けて煎じ・顆粒(粉)・錠剤タイプがあります。

 

生薬を煎じたものが⇒煎じ薬

煎じ薬のエキスを特殊な技法で乾燥させて粉状にしたのが⇒漢方薬としてよく処方される顆粒や細粒の粉タイプのもの

さらにもうひと手間加えて粒上にしたものが⇒漢方薬の錠剤

色々手間がかかるのに、手間をかればかけるほど効果も薄れていくとの事です。

 

漢方薬を続けるにはどのタイプがおススメ?

ただし、自分が摂取するたちばでは確かに・・・

煎じ薬は自分で煎じなければならないので自分の手間は増える。(煎じられたものも売ってるのを見たことがありますが)

粉末のものはお湯で溶かしてから飲むのが推奨されているので外出先では飲みずらい。(そのままお水で普通の粉薬のように飲んでもOK)

そしてさらに錠剤になるとどこでも飲みやすい。

 

と考えると手間がかかれば効果は薄まるが摂取しやすいので忙しい人には手間がかけられた漢方薬の方がありがたいかもですね~

 

煎じ薬を生活に取り入れた結果①~前半6か月位~

さて、煎じ薬を1か月の中で(煎じ薬×10日、粉薬×20日)の割合で処方していただくことを結果的に1年間続けてみました。

初めは補中益気湯のみを上記の割合で処方していただき、半年くらい過ぎた頃に確かに疲れにくくなったかもと感じました。

が、1か月くらいタイミングが合わなくて漢方をもらいに行けなかったことがありました。(7か月目くらいかな?)

この時、家に残っていた漢方薬(補中益気湯の市販品やら)を勝手に飲んでいたんですがやはり体力面に違和感が出てきたんです。(少しですけどね)

なので、まだもう少し補中益気湯をきちんと飲んだ方がいいんだろうなーと素人ながらに思いました。

 

そして備忘録として・・・

市販品の補中益気湯だけを漢方薬局に行く前に飲んでいた時も少しは体力的にプラスになっていたのはあるのですが

やはり煎じ薬と粉薬をきちんと1日分処方していただくと日に日に体が楽になるのを感じました。

まぁ、私ほど気が不足していない方でしたら、市販薬でも充分に効果が出ると思います。

ですので、漢方薬は上手く生活に取り入れると無駄に疲れてイライラしたりすることが減るかなというのが個人的な見解です。

 

煎じ薬を生活に取り入れた結果②~後半6か月位~

結果的に1年間通った中で補中益気湯はずっと処方していただきました。

そして最後の4ヶ月くらいの時に少し処方を変えていただきました。

通っている年の秋(処方8か月目くらい)に家族(旦那氏)が短期間ですが入院する事態がありました。

入院した本人はその後は元気に暮らしてますが、その本人含め生活のリズムがガラリと変化しました。

 

悪く変化したわけではないのですが、仕事以外は一日中行く場所がなくなり朝から晩までテレビをずっと見ている退院後の旦那氏・・・

今まで休みの日は旦那氏は外出して猫と私一人で朝から夕方まで自由時間だったこともありその自由時間がほぼ無くなり

しかもずっと鳴り響くテレビの音がものすごくストレスになりイライラが止まらなくなってしまいました。

(30歳前後の時に働いた会社のストレスで音をあまり聞けなくなりました。)

 

でもこのタイミングテレビ消してと言うと逆に旦那氏のストレスを倍増させてしまうしいったところでけんかになるからと

我慢を2か月弱していたらイライラが自分ではコントロールできなくなってきたんですよね。

 

そこで漢方薬局で相談して1か月の内の半分をイライラが軽減する漢方に変更していただきました。

補中益気湯と抑肝散加陳皮半夏をラスト4ヶ月くらい処方していただきました。

イライラは漢方薬局を卒業するころにはだいぶ良くなっておりました。

 

1年間の煎じ薬を試してみてわかったこと

Coming Soon

 

Thank You~

ばら
子宮内膜症ブログ~体験談~【まとめページ】

子宮内膜症の体験談をまとめたページです。 これから少しずつ下記タイトルにてアップしていきます。   今しばらくお待ちくださいね!   目次1 【子宮内膜症】20代の頃に判明した時~ ...

続きを見る

インスタグラム

アロマ&ハーブ情報→★★★

手作り石けん情報→★★★



-手作り石鹸
-, , , ,

© 2024 トゥモール Powered by AFFINGER5